韓国料理を学べる教室の利用価値

新大久保で料理教室が開講されている中、他国のお料理について知りたい場合には多国籍専門となる料理教室を利用するのが1つの手段です。新大久保エリアは言わずと知れたコリアタウンとして機能しており、韓国料理を学ぶことができる教室も展開されています。さらに、伝統や文化などまでを学びながら、女性が楽しく通えるのが韓国伝統菓子を習うことのできる教室です。

お菓子作りビギナーな方にも丁寧な指導を行ってくれ、作った後には韓国伝統茶と共に伝統菓子を試食することも可能です。薬膳などがメインとなる料理が多い韓国では、健康な体を食から作れるのが特徴で、伝統菓子にはお餅がメインとなった素朴な味のお菓子があります。日本のお餅と違い、コシはあるものの、伸びるほどの弾力性はなく、季節感を伝統菓子から知ることができるのも特徴の1つです。


↑写真はイメージです。

お餅には松の実やナツメ、よもぎや豆などが練り込まれており、季節によって材料が変化します。また、もち米だけで作られる日本のお餅とは違い、うるち米や米粉などからも作られるなど、蒸しパンに近い味や見た目の韓国伝統菓子が提案されています。韓国の食文化は、医食同源を基に韓国固有のものとなり、四季と地域の特色を生かしたお料理が発展しています。

こうした背景から、完璧に材料を揃えたとしても、自己流では伝統料理とは程遠い味や見た目に仕上がってしまいやすく、レシピには掲載されていないコツなども存在するため、韓国伝統菓子を習う理由がこうした点にも挙げられています。料理研究家から直接学ぶことにより、簡単な作り方で本格的な味や見た目に仕上げることができ、自宅でも真似することが容易にできます。

見た目に華やかさがあるのが、セッピョンと呼ばれる色餅で、虹のようなグラデーションの伝統菓子も簡単な作り方で指導してくれるため、ビギナー向けとも言えます。作り方は米粉やもち米などを混ぜ、蒸して作る簡単な行程であるものの、ハチミツで甘味を付けたり、オミジャやクチナシと呼ばれる実から着色した色で虹色に仕上げるなど、ただの蒸した白い餅菓子とは違い、お祝いの席にも提供できる見た目に仕上げられる菓子です。

新大久保で料理教室を開講している場合、ビギナー向けのベーシックコースをはじめ、プロ向けとなる本格的コースまでが提案されており、体に優しい韓国の伝統宮廷料理などから家庭料理までを取り入れた教室も展開中で、腕を上げたい・レパートリーを増やしたい・食文化を知りたいなどの目的で利用できます。また、健康的なおやつとしても本場韓国では餅菓子や韓菓子が作られており、お茶を楽しみながら様々な菓子作り、お料理をマスターでき、さらに異文化交流までが教室に通うことで体験することができるなど、様々に利用価値があります。

2016/07/11 16:11 入力




一覧

WOW新大久保アルバイト募集
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問合せ
Copyright(C) AISE Inc.