プデチゲを作る際のポイント

コリアンフードとして庶民の間で食されているのが「プデチゲ」と呼ばれるチゲ鍋の一種で、特徴的なのがソーセージやランチョンミートやインスタント麺をチゲに加えて煮込む点で、ボリュームある鍋は冬の時期だけではなく、通年、食されています。

本場の味を家庭でも楽しみたい場合、韓国食材を取り揃えているスーパーマーケットで食材を購入することで、本場の味わいを作り出すことが簡単にできます。特にコリアンタウンとして周知されている新大久保エリアには、数多くのスーパーマーケットが展開しており、リーズナブルな価格帯で提供されているため、賢く利用できます。

新大久保で材料を買う場合、深夜まで営業しているスーパーマーケットが最適で、キムチから調味料まで、日本ではあまり馴染みのない食材がバリエーション豊富に取り揃っているため、新大久保エリアの飲食店でも利用されているほどです。

プデチゲの美味しい作り方として、牛骨でスープを取って唐辛子などで味付けした専用のスープの素も提供されていることもあり、本場のスープに似せた味わいを手軽に作り出すことも可能です。また、プデチゲを提供する老舗店でも日本人向けに辛さをマイルドにした美味しい作り方のアドバイスも行ってくれるため、オムニの味となる家庭的な味も再現させることができます。外すことができない材料がインスタントラーメンで、日本の麺とは異なり、煮込んでもコシがしっかり残り、スープに良く絡むノンフライ麺を手に入れることがポイントとなります。

その他、肉類としてソーセージまたはランチョンミートは購入しておきたい材料です。より本格的に作りたい場合には、金物までも取り扱っているお店を利用し、1人用の鍋を手に入れることで本場で提供される鍋料理に仕上げられます。スープは牛骨からダシを取ることが基本となり、このスープの中に唐辛子粉やキムチなどを加えて辛味あるスープに仕立てます。コツとして、インスタントラーメンに付属しているスープを加えることにより、日本人の舌にも馴染みやすくなります。また材料には白菜などの好みの野菜や豆腐、さらにトッポギなど、キムチチゲなどにも加える食材を入れ、味わいにコクをプラスする加工肉を加えて煮込みます。

日本の鍋のシメとしてはご飯を投入しておじやとして頂きますが、プデチゲの場合のシメはインスタントラーメンにスープを吸わせ、旨味を余すことなく食すことがシメのポイントとなります。この時に、好みで生卵を入れてマイルドなスープに仕上げる一工夫により、辛味の効いたスープを最後の1滴まで美味しく飲みほすことができます。ネギや生姜、ゴマなどの薬味などがあればトッピングするのも適しています。

2016/10/04 17:22 入力




一覧

スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問合せ
Copyright(C) AISE Inc.